忍者ブログ


スポンサードリンク


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


[ 2018/12/10 23:01 | ]
スポンサードリンク


個人 再生 手続

個人 再生 手続

個人再生手続きとは、多重債務を抱えてしまった人が破産状態となり、支払不能となる前に経済的再建をはかるための裁判手続きをいいます。
個人再生手続きには、小規模な債務を負う個人債務者が対象の小規模個人再生、給与所得者などが対象の給与所得者等再生手続き、支払いを遅滞した住宅ローン債務者が対象の住宅資金貸付債権に関する特則があります。
そして、債務額を裁判手続きにより減額し、決められた金額を原則3年間で分割返済していきます。
個人再生手続きを利用するには、小規模個人再生や給与所得者等再生では、住宅ローンを除く債務額が5000万円以下、かつ継続して安定した収入がある人となります。
さらに住宅資金貸付債権では、住宅ローン特例の適用条件を満たしている人が手続きを利用できます。
つまり今後3~5年間は安定した収入が見込めて、原則3年間の返済期間を過ぎても充分生活可能な経済力が必要となります。
債務の減額処置を受けていますので、決められた期間で完済することが重要になります。
個人再生手続きの流れは、次のようになります。
1.債務者の住所地を管轄する地域の地方裁判所に再生手続きを申し立てる 2.債権の調査と額の確定 3.債権者による再生計画案の作成と提出 4.債権者の意見聴取 5.裁判所の再生計画認定決定 6.再生計画による返済 再生計画が認可されるかどうかは、債権者の書面決議によって決まります。
債権者が反対した場合は、再生計画案は不認可となります。
期間内で返済する必要があるため、履行できる再生計画案が重要です。
個人再生手続きは、自己破産手続と違ってギャンブルなどの借入があっても手続きできます。
しかし、債務の減額はされますがゼロにはなりません。
地域の状況や家族の構成、収入額などによって最低限支払うべき金額が決められます。
そして、裁判所で認可された金額を3年間で返済しなければならず、返済を実行している途中で返済金額を変更したり、返済をやめることはできません。
ただし、債務者の病気などやむをえない理由の場合は、最長5年までの再生計画が認められます。

PR

[ 2009/09/08 23:14 | 個人再生 ]
スポンサードリンク


小規模 個人 再生

小規模 個人 再生

職を失ったり年収ダウンが珍しくない時代ですから借りたお金を返せない人が年々増えています。
この日本では年間3万人が自殺していますが警視庁の資料によると倒産、失業、生活苦といった経済・生活問題が原因になっているのが、このうち約30%を占めています。
2000年11月に「民事再生法等の一部を改正する法律」が制定され、今まで企業だけしか行えなかった民事再生が出来るようになりました。
通称、個人再生法と呼ばれ、それまでの任意整理や調停と比べて手続きが容易になりました。
個人再生手続きは、借金で苦しむ人のために新しい救済手段です。
個人再生は、小規模個人再生と給与所得者等再生に分けられます。
そのうち主に自営業・一次産業者を対象に適用されるのが小規模個人再生です。
再生計画案が可決されるためには、反対する貸主の数と貸金が貸金総額の半分以下であることが必要です。
手続きの流れはまず自分の住所地を管轄する地方裁判所に申立てをします。
内容が要件を満たしていて書類に不備がなければ、裁判所は個人再生手続きの開始決定を出します。
その後、裁判所に債権者一覧と持っている財産の目録を裁判所に提出して、今後の支払方法を定めた再生計画案を作成します。
反対する貸主の数と貸金が貸金総額の半分以下であれば裁判所が認可の決定をして、確定することによって手続きが終了します。
個人再生手続のメリットは借金額を大きく減額できる点です。
このように減額された借金を、3年~5年間で支払えばよいので、任意整理が無理でも個人再生手続をとれば支払いが可能になる場合が多いのではないでしょうか。
一方デメリットとしては、安定収入があることが前提ですので、現在無職で、これから就職先をさがすというような人が利用することは出来ません。
また、例えば車のローンだけは今まで通り支払いたいと思っても仕事で必要等の特別な事情がない限り除外することが出来ませんのでローン会社に引き揚げられてしまいます。
特別扱いが認められているのは住宅ローンだけなのです。


[ 2009/09/08 23:14 | 個人再生 ]
スポンサードリンク


個人 再生法

個人 再生法

新聞やテレビの報道を見ていると日本の景気は良くなっていると言われていますが、その一方でそれは大都市や大企業だけが恩恵を受けているとも言われています。
ワーキングプアという言葉もあるように日本全体が景気回復を享受している訳ではありません。
そんな中、住宅ローンが払えなくなる人も年々増えてきているようです。
1993年に当時の建設省(現在の国土交通省)は当面の返済額を極端に少なくし5年後に返済額が急増する「ゆとり償還住宅ローン」を創設しました。
このローンは将来の年収増を前提にした住宅ローンですが、御存じのように年収が右肩上がりの時代はとうの昔の事で今ではこうしたローンも無くなりました。
さて、2000年11月に「民事再生法等の一部を改正する法律」が制定されました。
この法律の制定によって債務整理をして生活を再建する方法として「個人再生手続」が可能になりました。
それまでの任意整理や調停と比べて手続きの容易な事が特徴です。
改正した民事再生法に、個人再生の規定が新しく追加されたため個人再生法と呼ばれています。
個人再生法では住宅ローンの支払いが困難になった場合の救済方法に住宅ローン特則(住宅資金特別条項)というものが盛り込まれました。
通常、ローン支払中の住宅は債務整理をすると抵当権を行使され競売にかけられます。
しかしこの個人再生法は一定の条件を満たせば住宅を手元に残せる事が出来ます。
つまり民事再生法適用ならば住宅ローンについても猶予を与えてくれるのです。
この場合住宅ローンの減額・債務免除・金利引下げは一切出来ませんが、裁判所が強制的に返済計画の引き直しを行うというものです。
再生中も以前と変わらぬ額を弁済しなければなりませんが、場合によりローン期間の延長(満70歳まで最高10年間)も決定される場合があるのでよりスムーズに再建計画が進ませる事が出来ます。
住宅ローンは期間の延長、それ以外の債務は減額されたとは言えども必ず支払わなければなりません。
一度再建計画が了承されると支払いに遅延等は認められないませんので肝に銘じましょう。


[ 2009/09/08 23:13 | 個人再生 ]



 |  ホーム  |  次のページ >>
Design by s12,basei




自己破産・クレジットについて /  風水と占いとパワーストーン /  旅行用語 /  エコ・リサイクルについて考えよう /  ダイエット・美容の知識と方法 /  就職・転職の知識 /  アウトドア キャンプの知識 /  一人暮らしに役立つ情報 /  子育て・育児の知識  /  観光旅行案内 /  在宅介護・介護制度の知識 /  住宅ローン /  世界遺産の案内 /  オーラソーマ /  内職・斡旋 /  料理・レシピ・グルメ /  資格試験情報 /  保険用語 /  株式用語 /  医療資格 /  お金の用語 /  脂肪吸引でダイエット /  田舎暮らしの準備と知識 /  ブランドとファッション /  冠婚葬祭のマナー /  住まいの知識 /  保険の知識 /  医療と病気 /  マナーの常識と知識 /  車とバイクの知識 /  内職・斡旋・在宅ワークの基礎知識 /  投資の基礎知識 /  グルメとレシピの知識と情報 /  ペットのしつけと飼い方 /  美容と健康 /  話題のファッションとブランド /  就職・転職の知識とアドバイス /  妊婦と子育ての知識 /  風水と占いの知識 /  車とバイクの知識と常識 /  介護福祉の制度とサービス /  病気の予防と医療の知識 /  住宅購入とリフォームの知識 インテリア・ガーデニング情報 /  保険の選択と見直しと知識 /  旅行案内 /  結婚相談 / お見合い / 冠婚葬祭 マナーと知識 /  パソコンの役立つ知識と方法 /  さまざまな趣味と娯楽 /  話題の家電情報 /  外国語の活用と上達方法 /